太陽光発電の見積もり前と見積もり後の注意点

太陽光発電 見積もり前後で注意!

太陽光発電の見積もり前と見積もり後の注意点


最近の建売住宅では、

太陽光発電が初期費用ゼロということで標準設定とされていることが増えてきたように見受けられます。

月々おおよそ1万円ほどの発電を見込むことができるとうたわれており、
これから毎月のローン返済が始まるという立場の住宅購入者は非常に頼もしく感じるのではないでしょうか。

gf1940281800l実際に見積もり前には、自身で発電による利益を見込んで意気揚々と試算をするでしょう。
見積もり後も太陽光発電の初期費用はゼロとなっていることでより一層うれしく感じることでしょう。

ところが実際はそううまくはいかないのです。
住宅購入者の多くはおそらく35年程のローンを組むでしょう。
ところが太陽光発電の装置の寿命は35年とはいかないのが現実です。

10年が目途というのが一般的で。
ましてや建売住宅の標準設定としてつけられているような中国製の装置など、どこまでもつかもわかりません。

そうした冷静な判断のもと、見積もり後、ゼロ円ということで設定されている太陽光発電に
もろ手をあげて喜ぶのではなく、保証はどうなっているのか、実際にどれほどの発電が見込めるのかなど、
確認しておくことが非常に大切です。

そのためには、安易な判断ではなく、慎重な判断がとても大切になるでしょう。